組織・人事コンサルティングなら株式会社リテラシー。制度改革、人材育成、社員研修などの教育体系の見直しを行っております。
HOMEお知らせ・ニュース・コラムお問い合わせサイトマップ
株式会社リテラシー 〒106-0044 東京都港区東麻布3-4-15 シーガル麻布ビル7階
TEL:03-6426-5782 FAX:03-6426-5783
ホーム  |  人材開発コンサルティング  |   研修メニュー
TOPイメージ
【Executiveクラス向け】 経営リテラシー
【研修のポイント】
経営幹部・幹部候補として企業経営に必要な経営マネジメント能力を明らかにした上で、将来に向けての事業戦略立案と意思決定力を高めるためにケーススタディを活用し、様々な場面での決断をシュミレーションしていきます。
【プログラムの流れ】
事前課題として、ケーススタディを配布。それをもとに個々人で設定されているいくつかの重要な経営課題について選択肢から決断し、その理由を詳細にワークシートに落とし込みます。集合研修においてグループ・ディスカッションを実施、「正しい選択」に近づけていきます。2回目以降の研修においては自社に即した戦略を研修内で立案、現場における実行⇒検証をくり返しながら実践的に展開していきます。
対象経営幹部・幹部候補テーマ経営幹部研修
日程(所要時間)2日間(各6時間程度) (約1ヵ月後に2回目を実施) 受講人数4名-10名程度
期待される効果と研修後の方向性
  • 全社戦略(Corporate strategy)と部門・部署戦略(Business strategy)を接続するために結節点となる、部門・部署の幹部マネジャーがマネジメントにおける「判断基準」を統一化・共有化していく
  • 自社のコアコンピタンスを活かせるマーケティング戦略を立案できるようになる
  • マーケティングの結果を部門・部署戦略(Business strategy)の立案と修正を継続的に反映させるスキルを高める
  • 部門・部署戦略(Business strategy)実現に向けた組織の最適化(OperationとSystem)が可能になる
  • 部門・部署戦略(Business strategy)を担う、メンバーのアサインと育成を実行できるようになる
概要・プログラムの概念
《左記表の注釈》
企業が継続的に外部環境適合し、内部組織統合を実現するための「経営管理」を執務する幹部に求められるリテラシーとは・・・
「マーケティング」(Marketing)
「戦略策定」(Strategy)
「リーダーシップ」(Leadership)
「組織・人事」(Staffing , Human Resource Management)
「財務・計数」(Financial , Accounting)
「コンプライアンス」(Compliance)
と定義します。

経営管理と経営リテラシー【概念】
外部環境適合
企業は、継続的に「顧客価値」(Customer Value)を創出するために、外部の環境である「政治」「経済」「社会」「技術革新」などの情勢を常にウォッチし、「競合」との戦いに勝ち「ステークホルダー」「協力者」との良好な関係を持続するための「経営戦略」を策定し、「経営計画」へ展開し、適正な成果を出し続けなければならない。

内部組織統合
企業は継続的に構成員(従業員)の働く「動機づけ」(Motivation)を高次に維持し、「貢献活動」に転換し「顧客価値」(Customer Value)を創出するための「経営戦略」「経営計画」に集約し接続しなければならない。そのための構成員を適正に「採用」(外部調達)し、「育成」(内部調達)しなければならない。

研修プログラム
・以下は、本研修の標準的なプログラムとなります。
・プログラム内容や日程は、個社ごとのご要望を反映いたします。
10:0012:00
13:00
17:00
1回目
  1. 研修の目的の確認
  2. 経営リテラシー/概念のレクチャー
  3. グループディスカッション/自己分析の結果を参加者同士で共有
昼食
  1. 発表/コンセンサスを取り意見を発表
  2. まとめ/妥当性・合理性の高い「解」のレクチャー
  3. 課題抽出?行動計画立案/フォーマットに基づき明日からの自部門・自部署におけるマネジメント計画を立案する
※フィードワークにおける課題を提示
《研修後2-3週間》
習得した内容を、自部門・担当業務において起きている課題を、フレームに当てはめて分析する
1回目
  1. 1回目研修に提示された、フィードワークにおける戦略立案の発表及びグループディスカッション
昼食
  1. 質疑応答/戦略立案の発表を受けて、質疑応答(対/経営ボードもしくは講師)
  2. 戦略立案の策定/フィードバックを参考に、戦略立案の修正を行う
  3. マネジメント計画書の共有と提出

※.過去に実施した研修プログラムの一例です。
Copyright © Literacy.Corp.Inc All Rights Reserved.